山都町トップへ

町長挨拶

最終更新日:

町長挨拶

 

町長写真

 

 梅田 穰(うめだ ゆたか)
 1947年生まれ
 座右の銘:感謝

 経歴:H26.6 熊本県農業協同組合中央会 会長

    H29.3 山都町長 就任

  

 

 

 

 

 

町長室から

 10月27日、鮎の瀬大橋開通20周年記念式典とふる里祭りが開催されました。梅田実行委員長より、経過と現状、そして先人への感謝の挨拶があ
りました。地域住民の方より建設前の地域の様子や苦労話、感謝の言葉が披露され、先人の橋を架ける並々ならぬ想いが伝わり、感慨深くお聞きしました。菅地区と白糸台地が深い渓谷で分断され、大変不便な生活を強いられた先人が一致団結して粘り強く架橋に向けて町、県、国への働きかけを続けられた結果が実を結んだものと思います。開通後地域住民の方々は、交流館の運営、棚田を維持するための棚田オーナー制度、大しめ縄の設置、縁側カフェ等数々の取り組みをされ、山都町の中でも先駆的な地域づくりが行われています。高齢化が進む菅地域ですが、絆を大切にしながら次の30周年に向かっていただきたいと思います。

 11月2日・3日に、台風19号とその後の大雨で甚大な被害を受けられた栃木県佐野市、福島県本宮市、相馬市へお見舞いに行って参りました。3市からは熊本地震、豪雨災害時に多くのお見舞い・支援を頂きました。佐野市、本宮市は「全国へそのまち協議会」として交流を進めている市であります。町は今回の災害直後に支援物資を送り、議会、職員等からの義援金をお渡ししました。いずれの市幹部、職員の方々には土曜・日曜そして復旧対策の最中にもかかわらずご対応していただきました。想定外の雨量と堤防の決壊、急な出水であったとお聞きしました。九州と違い台風や洪水に対する備えが足らなかったと話しておられました。相馬市は東日本大震災からの復旧が終わっていない中での災害発生という事で、今後の復旧作業が大変だと感じました。今回の災害では多くの犠牲者が出ました。山都町でも避難のあり方、日頃の備えの周知の徹底等今一度見直しを行い、災害時に備えたいと思います。
 被災地の方々の一日も早い復興をお祈りいたします。

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5130)
山都町役場 (法人番号 6000020434477)

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

本庁       〒861-3592  熊本県上益城郡山都町浜町6番地   Tel:0967-72-1111(代表)0967-72-1111(代表)   Fax:0967-72-1080  

清和支所 〒861-3811 熊本県上益城郡山都町大平385番地 Tel:0967-82-2111(代表)0967-82-2111(代表) Fax:0967-82-2116

蘇陽支所 〒861-3913 熊本県上益城郡山都町今500番地 Tel:0967-83-1111(代表)0967-83-1111(代表) Fax:0967-83-0549

Copyrights(c)2019 Town-Yamato Allrights Reserved.