山都町トップへ

【清和文楽】YouTubeで公開中!

最終更新日:

清和文楽とは、江戸時代嘉永年間(1850年頃)、清和村(現在の山都町)を訪れた淡路の人形芝居の一座から浄瑠璃好きな村人が人形を買い求め、技術を習ったのが始まりで、昭和54年に熊本県の重要文化財に指定された熊本県に残る唯一の人形浄瑠璃芝居です。

 

そんな清和文楽の一幕「寿式三番叟」(ことぶきしきさんばそう)が動画投稿サイト「YouTube」で公開されています。この動画には、昨年の日本レコード大賞受賞曲「パプリカ」の曲に合わせて踊る場面もあります。


これを機会に、清和文楽の世界に触れてみてはいかがですか。

清和文楽館は、現在定期公演を再開しております。詳しくは清和文楽館ホームページをご参照ください。

 

【清和文楽館】http://seiwabunraku.hinokuni-net.jp/

 

また、清和文楽館に併設する物産館も現在は営業しており、一部商品についてはネット販売を行っております。詳しくは清和物産館ホームページをご参照ください。Facebookも随時更新しております。

 

【清和物産館】https://www.seiwabussankan.com/
【道の駅 清和文楽邑Facebook】https://www.facebook.com/seiwabunraku/

 

新型コロナウイルス感染症収束の折には、ぜひ清和文楽館、物産館へお越しください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:6141)
山都町役場 山の都創造課
〒861-3592 熊本県上益城郡山都町浜町6番地 Tel:0967-72-1158(直通) Fax:0967-72-1080

Copyrights(c)2019 Town-Yamato Allrights Reserved.