新着順 / 登録順
   1   
(4件中 1-4件)
目丸の大多良村について
 「目丸の大多良村の由来について教えて下さい。」との問合せがありました。以下諸先生の説を紹介します。

 明和2年(1765)の「国郡一統誌」には,黒谷,小迫,市ノ尾,居屋敷,井野,出崎,金地,西小(オ),中小,尾多羅(多太良)崎,菅頭,鹿出蔵,中尾牟連,大石原及び貫原の15の目丸の小村が記されています。

 地名研究家の倉岡良友先生の説によれば,尾多羅(大多良)崎の「尾・崎」は尾根筋台地の終わり,末端,先端だ表す言葉だそうです。「タラ」は,マライ語の,平らな,平坦,台地上が緩斜面の意味もある。その反対にタラの類似音クラが転訛したもので崖地,高くそびえた断崖地形に名付けられた崖地名だとされています。従って,尾多羅(大多良)崎は,山裾の尾根筋の台地上が平で緩斜面で,その先端は急崖地形となっていることを表現した地名だと先生は述べられています。

その一方で先生は,カナジ,オオタラ(タタラ)の表音語から製鉄に由来するものと考えられるとも述べられています。タタラ(大多良)は製鉄精錬の炉で鞴(吹子)のことを言います。

亡くなられた郷土史家の井上清一先生は,別の観点から大多良の由来について説明されています。先生の説明によれば,アルファベットの「O」の発音が付く地名には,木地師にまつわるところが多いと言われます。

大多良はもちろんですが,青石は通常は「あおいし」と呼んでいますが,地元の古老は「おし」と呼ぶんだそうです。この青石や大平,笈石等々「O」で始まります。人の名前で言えば「小椋」,「大倉」,「大庫」等々もですね。ちなみに目丸には木地師の子孫がいたことが確認されています。


田上 彰 2016年10月04日 08時42分46秒
削除パスワード   
コメントする
目丸の久吉
 目丸の話しが出たついでに,目丸にまつわるお話しを一席紹介します。

 天正13年(1585)島津軍が肥後に攻め入り,大宮司親子は目丸に隠れ住みました。豊臣秀吉は,島津の北上を止めるため九州征伐を行い島津を撤退させました。

 目丸では,そのときの喜びの象徴として,「芝居が何でも、秀吉でないと承知せん」という言葉あります。例えば,忠臣蔵の場面に突如鎧を来た侍が出て来て、「羽柴筑前守久吉(秀吉のこと)、用は無けれども罷り通る」と言って舞台をすーっと通って行くと部落の人達はわーっと拍手喝采をして、その後何も無かったかのように通常の芝居に戻ります。

 このように目丸の人達は「何にでも出ることを目丸の久吉」と言っていました。それが転じて,いろんな役職に就く人のことも「目丸の久吉」と言っていました。

 それほど,島津を撤退させた秀吉に感謝した目丸の人ですが,後に大宮司阿蘇惟光は,幼くして秀吉によって自害させられました。
田上 彰 2016年10月06日 10時36分21秒
削除パスワード   
コメントする
※投稿者により内容が削除されました
2016年10月05日 13時58分44秒
削除パスワード   
コメントする
掲示板です。
 山都町の素敵な時代や,場所などをご自由にお書きください。
山都町郷土史伝承会 2015年03月17日 08時21分59秒
削除パスワード   
コメントする
Re:掲示板です。
目丸の大多良村の由来について教えて下さい。
中村好太郎 Mail 2016年10月04日 05時52分12秒
削除パスワード   
   1   
(4件中 1-4件)