移住者インタビュー14  熊本佳子さん 49才

 

埼玉県からお子さん(当時3才、現在小4)とともに家族で移住。7年目を迎えた熊本さんに話を伺ってきました。

z

○山都町へ移住した理由は?

2011年の東日本大震災を機に山都町に移住しました。震災後、今、起こっていることの正確な情報や、これからどう行動すべきか…などを考えあぐねて、とにかくネットで検索していた中で、たどり着いた山都町の「有機農業研修」施設の情報。行ったこともない九州、熊本県・山都町でしたが、この情報が頭から離れませんでした。そして結局この研修施設にお世話になることに決めました。農業経験ありませんでしたが、「一から教えてくださる」、「保育園の心配ない」ということで、心の準備もせずに「来ちゃった!」という形です(笑)。

あ


現在、小学校の教諭補助の仕事をしながら、この夏、浜町の交流スペース「山都ふらっと」で、

 夏休み限定の寺子屋をオープンされました。



c


寺子屋は、お一人で頑張っておられる(シングル)家庭のお子さんは無料。

その他割引も。熊本さんの優しさを感じます。



q


子どもたちから「勉強って意外と楽しいね!」と思ってもらえれば最高です。





○お住まいの物件、今の地域に住むまでの経緯を教えて下さい。

最初は研修先の宿泊棟に住んでいましたが、現在住んでいる家は、研修先に出入りしている農家さんからの紹介でした。役場に空き家を紹介してもらったりもしたのですが、いずれもすぐ住めるような状態の空き家ではなかったですし、何ヶ月も探し続けて…なかなかすんなりとはいきませんでした。

r


○山都町に住んでみての感想を教えて下さい。

「いいところに来ちゃったな!」本当にそう思います。自然が多い、空がある、こんなにも星がある、本当の暗闇があることにも感動するし、水や食べ物がおいしい…この土地の皆さんが当たり前だと思っている基本的なことに感動します。都会には、そうした「当たり前」のことがありませんでしたから。とにかく、子育てするには最高の環境です。移住した当初は、いわゆる待機児童問題もなく、保育園にすぐ入れることにも驚きでした。しかも、山都町の保育園ってすごくいいんです!! お散歩に行って、ドングリや落ち葉を拾ったり、野菜のお世話したりと、自然とふれ合う活動が盛んで、子どもがお世話になった金内保育園では、夏の間、毎日のようにプールに入れてくれました。そして、保護者に余計なお金を使わせないこともありがたかったです。入園するのに、準備するのは、歯磨きコップと昼寝の布団くらいで、制服もなし。運動会の時に体操服が必要でしたが、それも園児全員に貸してくださり、とても合理的だと思いました。


s

寺子屋の会場「山都ふらっと」には、子ども向けの絵本に加え、

付き添いの保護者の方のために子育てに役立つ本なども置いてありました。



○山都町の魅力、は何だと思いますか?

自然が多く、食が豊か、都会では希薄な「地域のことは自分たちで担う」という意思があり、とにかく地域の方の結束力がすごいなぁと思います。



○山都町の人、近所つきあい、交流はありますか?

みんなに良くしてもらっています。こちらの子どものいる家庭の庭先には、8月1日に大きな七夕の飾りを掲げる風習がありますが、今年もお隣の方が、「七夕飾りの竹、切っといたから」と庭先に竹を置いて行ってくださいました。その他にも、帰って来ると玄関先に家庭菜園のとれたて野菜が置いてあったり…。とにかく山都町の皆さんは気持ちがあったかいし、挨拶も地域で声かけあって…これも都会ではあまり見られないことです。


u

 ○移住者へのアドバイスは?

食べ物に恵まれ、家賃が安いなど生活費は安く済みますが、やはりここで長く生活していくとなると、自分でやりたい事のイメージをもって来た方が良いと思います。仕事が多い場所とはいえませんので。都会では、働いて生活のための収入を得る、というのが普通でしょうけれども、ここではいろんな事を自分で計画しながら、自分で人生を切り開いていくという生活のおもしろさがあると思います。何か「芸」があったり、手に職がある人が、やはり強いですね。

 


○これからの目標、夢は?

我が家は3人家族。子育てをすることで、私や夫も、子どもと一緒に成長させていただいている、というのが実感です。山都町移住を決めてから現在まで、ずっと人とのご縁のおかげで、ここまで乗り切って来られました。ですから、「目標」や「夢」とは言えませんが、これからも人との出会いを大切に、予期せぬ人生を楽しんでいきたいと思っております() 校現場にもおりますので、我が子も含めた子どもたちの成長ぶりが気になります。子どもは可能性のかたまり。どの子も、未来に向けてまっすぐ生き生きと成長して欲しい、と思っています。


m


「理想の生活モデル」というものが崩れ始めている今の日本で、自分に出来ることは何か、どう動くいていくのが良いのか…。

子どもたちを思い、問題意識をもって挑戦し続ける熊本さん。

寺子屋では、子どもたちのわからないところ、勉強への苦手意識を少しでもなくしてあげたい、との事。夏休み限定寺子屋の、今後の在り方にも注目ですね! 私たちも応援します。

空き家情報

農家さんとのマッチングをします!!

DSC02963DSC02331DSC03216DSC02429DSC03265DSC02233

山の都地域しごとセンターでは「農家さんで働きたい。農家さんで研修したい。」
という方と農家さんとのマッチングを行います。

希望される作目や雇用形態、研修形態など条件に合せてマッチングを行いますので、
希望される方は当センターまでお気軽にお問い合わせ下さい。

新着情報 rss

過去記事 rss

山の都地域しごとセンターとは?

山の都地域しごとセンターでは山都町へ移住して来られる方や既に住んでおられる方にずっと住んでいただけるように次の支援を行っています。

空き家事業について
・空き家の調査
・空き家バンクへの登録へのサポート
・空き家希望者と空き家のマッチング

仕事支援事業について
・農業希望者と農家(雇用・体験・研修)のマッチング
・仕事情報の提供
・起業支援

移住者支援事業
・移住者への住居、しごとなどの情報提供
・移住のサポート
・移住後のサポート

詳しい内容はお問合せ先までお気軽にお問合わせ下さい!!

お問合わせ先

しごとセンターバナー
山の都地域しごとセンター
やまのみやこちいきしごとせんたー
住所 /
熊本県上益城郡山都町下市158
TEL /
0967-72-9111
Email /
yamato.shigotocenter@machi-y.jp
Fax /
0967-72-9111
当サイトにおける不適切な表現や悪質な書き込み、お気づきの点等がございましたら
お手数をおかけしますが、こちらのアンケートにご協力をお願いいたします。