第2回移住者交流会を開催します!
d
fx
(第1回移住者交流会のようす)

 11月30日(木)18時より第2回移住者交流会を開催します。
今回の交流会は参加される方に山都町での「大好きな風景やの暮らしのお気に入りの写真」を持ち寄っていただいて、座談会形式のワークショップをしたいと思います。
持ち寄っていただいた写真は来年1月に併設のギャラリールポンで展示します。
交流を深めていただくいい機会になると思いますので、是非ご参加下さい!!
移住者インタビュー15 植村祐介さん(32歳)、真穂さん(38歳)ご夫婦
x
現在山都町で地域おこし協力隊として活動している植村さんご夫婦に話を伺ってきました。

〇現在のライフスタイルを教えて下さい。

〈祐介さん〉
ぼくは地域おこし協力隊として、農産物ブランド事業の活動をしています。例えば、福岡などの販売会に出展し山都町の農産物のPRをしています。また、道の駅や物産館のスタッフしたり販売の勉強をしながら山都町の農産物ブランド化の事業に携わっています。
 休みの日は家庭菜園で作業をしています。今はニンニク、ゴボウ、ニンジン、バジル、分葱が植わっています。あとはDIYで鳥小屋を作ったりしています。
犬2匹(チャパティー、ヒジキ)、ヤギ(マサオ)、烏骨鶏2匹(ササミ、モモ)と暮らしています。

お        d
▽道の駅での仕事の様子                      ▽福岡でのイベントの様子 
   
c  
▽家庭菜園のニンジン

g   k
▽ヤギのマサオ            ▽烏骨鶏のササミとモモ 

〈真穂さん〉
私は地域おこし協力隊として10月2日にオープンしたばかりのジビエ工房やまと(鳥獣解体処理施設)でイノシシやシカの解体補助をしています。ジビエ工房やまとではイノシシやシカの解体をし精肉、ミンチなどを行い出荷していきます。狩猟免許も取得しましたので、これから女性ハンターとしても動き出したいと思っています。
 休みの日は家の掃除や犬の世話をしたりしています。
z   w
▽ジビエ工房やまとでの仕事の様子   ▽チャパティー(茶)とヒジキ(黒)

〇山都町へ移住したきっかけは?

〈祐介さん〉
僕たちはインドで出会ってインドで結婚しました。僕が勤務していた会社のインド支社に駐在している時に日本人向けサービスをやっている会社で働いている妻と知り合いました。2年ほどお付き合いし、結婚しそれから2年ほどインドで生活していました。
 ほくの転勤で神奈川県で生活していましたが以前住んでいた熊本の自然が好きで熊本へ移住しました。
すっと2人で農業がしたいという思いがありました。いきなり農業に飛び込むのは難しいと思っていました。そんな時にインターネットで「熊本 有機」で検索すると山都町が出て来てその中から地域おこし協力隊募集の記事を見つけました。業務内容を見て夫婦2人とも興味ある職種がそれぞれあったので応募しました。
cb
▽インドでの結婚式のようす
〇山都町に住んでみての感想を教えて下さい。

〈祐介さん〉
 星がきれいですね。あと、昔来たこともないけど、どこか懐かしい感じがする風景が多いですね。とても癒されています。お気に入りの場所は船の口水源です。
生活の面では野菜を自分でつくったり、人からもらったりと食費安くすんでいます。
あと、休みの日でも草刈り機のエンジン音がしたりするのが、休みの日なのに働くことが生活の一部なんだなと感心されられます。

〈真穂さん〉
 自然が沢山でイノシシ、タヌキ、シカなどの動物を見かけることが多いですね。あと夏は涼しいですね。好きな場所は住んでいる家かな。少し遠くから家を見た景色が好きです。行ってすごいなと思った場所は五老ヶ滝です。
生活の面では直売所や道の駅に売ってある野菜が安くて美味しいです。あと、人がとても親切です。移住した私達に興味持ってくださってるのかいろんな聞かれますが、みなさん気さくに接してくれます。家に鍵をかけないのにもびっくりしましたね。
DSC06105 DSC06096
             ▽植村さんご夫婦が住まれている古民家

 船の口水源  無題
 ▽祐介さんお気に入りの船の口水源      ▽真穂さんお気に入りの五老ヶ滝


〇山都町の人、近所の人との付き合いはありますか。

〈祐介さん〉 
 集落の草刈などの作業の後のバーベキューなどで集落の方との交流をしています。塩出迫は若い人も多く、楽しくお付き合いさせていただいています。
また、集落以外では仕事で知り合った生産者さんと朝から世間話をするのが楽しいです。また、イベントで知り合った山都町の同年代の方達との交流もあります。


〈真穂さん〉
 前日は集落が所属する菅尾体協で町民スポーツ大会に夫婦運びリレーなどの競技に参加してきました。その後の懇親会で菅尾地域の方と交流が持ててとても楽しかったです。

〇これからの目標や夢は?

〈祐介さん〉〈真穂さん〉
夫婦2人で家畜の糞や緑肥などを使った循環型の農業と狩猟を主とした生活をしていきたいですね。


インドで出会って結婚して、今は山都で生活しているというなんともグローバルなご夫婦。
ご夫婦とても仲が良く、2人のお話しから山都での生活や地域おこし協力隊としての業務を楽しさが伝わってきました。
これからも山都の生活を楽しみながら、地域おこしの大きな力になってきただきたいと思います。

活版印刷の仕事をしたい方募集!!


 山都町蘇陽地域にある馬見原商店街にある活版印刷屋さんが事務所を道具、機械ごとレンタルして下さるそうです。
使い方もレクチャーしてくれるということで、馬見原商店街で味や温かみのある活版印刷を仕事やビジネスとしてやってみたいという方、山の都地域しごとセンターにご連絡下さい。
しごとセンターではその他、移住のサポートも行っていますので、移住も含めご相談下さい。

私も事務所にお邪魔したのですが、味のある機械や版が多くあって、活版印刷でしか出せない印刷物の良さはなんかいいなーと思いました。
今はパソコンでぱっと印刷できるから、文字を紙に表すという作業って感覚がとても新鮮でした。
紙も印刷物も大切にせねばですねー。


興味ある方のご連絡お待ちしています!

858383fed8406f150ba9 IMG_2251

IMG_2253 IMG_2255

IMG_2256 IMG_2257

IMG_2260 IMG_2261 

〈山の都地域しごとセンター〉

TEL:0967-72-9111
e-mail:yamato.shigotocenter@machi-y.jp

空き家情報

農家さんとのマッチングをします!!

DSC02963DSC02331DSC03216DSC02429DSC03265DSC02233

山の都地域しごとセンターでは「農家さんで働きたい。農家さんで研修したい。」
という方と農家さんとのマッチングを行います。

希望される作目や雇用形態、研修形態など条件に合せてマッチングを行いますので、
希望される方は当センターまでお気軽にお問い合わせ下さい。

新着情報 rss

過去記事 rss

山の都地域しごとセンターとは?

山の都地域しごとセンターでは山都町へ移住して来られる方や既に住んでおられる方にずっと住んでいただけるように次の支援を行っています。

空き家事業について
・空き家の調査
・空き家バンクへの登録へのサポート
・空き家希望者と空き家のマッチング

仕事支援事業について
・農業希望者と農家(雇用・体験・研修)のマッチング
・仕事情報の提供
・起業支援

移住者支援事業
・移住者への住居、しごとなどの情報提供
・移住のサポート
・移住後のサポート

詳しい内容はお問合せ先までお気軽にお問合わせ下さい!!

お問合わせ先

しごとセンターバナー
山の都地域しごとセンター
やまのみやこちいきしごとせんたー
住所 /
熊本県上益城郡山都町下市158
TEL /
0967-72-9111
Email /
yamato.shigotocenter@machi-y.jp
Fax /
0967-72-9111
当サイトにおける不適切な表現や悪質な書き込み、お気づきの点等がございましたら
お手数をおかけしますが、こちらのアンケートにご協力をお願いいたします。