山都町トップへ

【保育園等で新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応について】

最終更新日:

町内保育園で新型コロナウイルス感染症の感染者が確認されました。

感染拡大防止の観点から、今後保育園の臨時休園等の対応を行うこともございますので、園からの指示に従うようお願いします。

また、保護者の皆様には感染防止対策として手洗い、うがい、マスクの着用及び三密の回避など新しい生活様式の徹底を再度よろしくお願いします。

 

 

国が示す新型コロナウイルス感染症対策を踏まえ、町内の保育園等で新型コロナウイルス感染症が発生した場合の対応についてお知らせします。

 

 

1 園児が新型コロナウイルス感染症の陽性と確定された場合について

 園児が新型コロナウイルス感染症の陽性と確定された場合は、保健所の指示に従い行動してください。

 その際、当該保育園を一部または全部の臨時休園とすることがあります。臨時休園の規模、期間については、保健所と協議の上、決定します。休園期間中に保健所の指示に従い施設の消毒等を行います。

 

 

2 園児が濃厚接触者に該当した場合について

 園児が濃厚接触者に該当した場合は、登園を避けるようお願いいたします。この場合の登園を避ける期間の基準は、感染者と最後に濃厚接触した日から起算して14日間(2週間)となります。この期間、保健所からの健康観察が実施されます。保健所の指示に従い行動してください。

 

 

3 保育園の職員における対応について

 職員が、感染、濃厚接触者に該当した場合は、上記1・2と同様の取り扱いとします。

 

 

4 感染者がいない保育園を含む臨時休園について

 本町全域で感染者が発生した場合、地域全体で感染症を抑制する目的で、全保育園等を臨時休園(要請)することがあります。

 

 

5 発熱等の症状がある園児の登園について

 感染症拡大防止のため、発熱や咳などの症状が出ている場合は、登園を避けるようお願いするとともに家庭における健康観察(検温など)についてもお願いいたします。

 なお症状等で心配のある場合は、主治医等に相談してください。また、下記の8にある相談窓口もありますのでご利用ください。

 但し、ぜん息などの新型コロナウイルス感染症以外の疾患からくる症状で感染性のものではないと医師から診断が出されているものは除きます。

 

 

6 基礎疾患のある園児について

 基礎疾患のある園児については、主治医に相談の上、その指示に従い、日々の体調の変化に注意するとともに、登園前の検温などの健康観察の徹底をお願いいたします。

 

 

7 偏見や差別の防止について

 新型コロナウイルス感染症を理由とした偏見や差別は、決して許されるものではありません。

 正しい知識と正しい情報をもって対応してください。

 

 

8 新型コロナウイルス感染症に関する相談先について

 新型コロナウイルス感染症に関する問い合わせや心配なことについての専用相談窓口は次のとおりとなります。

 

 熊本県新型コロナウイルス感染症専用相談窓口 096-300-5909(24時間対応)

 

 


 

9 その他

・保健所は、個人が特定されないよう配慮し、また関係者が不安感を抱かないよう迅速な対応に努められています。感染に関し噂や憶測で行動するのではなく、保健所等からの正しい情報に基づき行動していただきますようお願いいたします。

・臨時休園の決定や期間は、急なご案内になることがあります。

・「新しい生活様式」(手洗い、マスク着用等)の実践や登園前のお子さまの検温等の健康観察の徹底もお願いいたします。








このページに関する
お問い合わせは
(ID:6339)

Copyrights(c)2019 Town-Yamato Allrights Reserved.