山都町トップへ

ノロウイルス等による感染症予防について

最終更新日:
 

感染性胃腸炎の感染予防について

感染性胃腸炎は、例年、12月から翌年1月に発生のピークを迎える傾向があります。今後急激な患者数の増加や、ノロウイルスを原因とする食中毒の発生が懸念されます。感染予防及び食中毒対策についてお知らせします。

 

感染経路

○患者のノロウイルスが大量に含まれる便やおう吐物に触れた人の手を介して感染します。

○家庭や共同生活施設などの人同士が接触する機会が多いところで、人から人へ感染します。

○食品取扱者が感染していると、その人を介して汚染された食品を食することで感染することがあります。

○汚染された2枚貝を、生あるいは加熱不十分で食べることで感染します。

○洗浄や消毒が不十分でウイルスが残っていた場合、乾燥して舞い上がったウイルスが口に入ることで感染します。

 

 

 

予防方法

○調理を行う前、食事の前、トイレの後、おむつ処理の後、おう吐物を処理した後には時間をかけて丁寧に手を洗いましょう。石けんを使用した丁寧な手洗いでウイルスを洗い流すことが重要です。

○加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱(中心温度が85~90℃以上で90秒以上)しましょう。

○調理器具は十分な洗浄と消毒(次亜践祚酸ナトリウム、加熱)を行いましょう。

○具合が悪い人(下痢、おう吐等の症状がある人)は、調理・配膳に関わらないようにしましょう。

 

 

 

症状等

ノロウイルスに感染すると下痢、おう吐等の症状が出ます。通常1~2日で回復しますが、乳幼児や高齢者等は、脱水症状を起こしたり、吐いたものを誤嚥し、肺炎を起こしたりすることがありますので、早めに医療機関を受診しましょう。

 

 

 

おう吐物・便などの処理の注意点

処理をする際は、マスクや手袋を着用し、ペーパータオル等でおう吐物や便等をふき取り、ビニール袋などに入れ、しっかり封をして廃棄してください。汚染された場所の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)が有効です。家庭用塩素系漂白剤の塩素濃度は約5%です。以下を目安にしてください。

○ふき取り用に必要な濃度・・・200~250ppm、作り方・・・水1000mlに対しペットボトルのキャップ1杯

○つけおき用に必要な濃度・・・1000ppm、作り方・・・水1000mlに対しペットボトルのキャップ5杯

 

(参考)

厚生労働省のホームページ「ノロウイルスに関するQ&A」別ウィンドウで開きます(外部リンク)
 手洗い手順(PDF:1.18メガバイト) 別ウインドウで開きます

 ノロウイルスによる食中毒予防(PDF:1.09メガバイト) 別ウインドウで開きます




 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5819)
山都町役場 (法人番号 6000020434477)

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

本庁       〒861-3592  熊本県上益城郡山都町浜町6番地   Tel:0967-72-1111(代表)0967-72-1111(代表)   Fax:0967-72-1080  

清和支所 〒861-3811 熊本県上益城郡山都町大平385番地 Tel:0967-82-2111(代表)0967-82-2111(代表) Fax:0967-82-2116

蘇陽支所 〒861-3913 熊本県上益城郡山都町今500番地 Tel:0967-83-1111(代表)0967-83-1111(代表) Fax:0967-83-0549

Copyrights(c)2019 Town-Yamato Allrights Reserved.