山都町トップへ

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの定期接種について

最終更新日:
 

HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン接種について(子宮頸がん予防ワクチン)

 HPVワクチンは、平成25年4月1日から定期接種として位置づけられましたが、平成25年6月14、厚生労働省より「ワクチンとの関係が否定できない持続的な疼痛がヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種の積極的な勧奨をすべきではない」との勧告がありました。そのため、現在本町でも、積極的におすすめすることを一時的にやめています

 しかし、これは接種を中止するものではありませんので、定期接種の対象となる年齢の方で接種を希望する場合は、予防接種の有効性とリスクを十分理解していただいてうえで、現行の予防接種を受けることができます。詳しくは、厚生労働省が情報提供しているリーフレットおよびホームページをご覧ください。

 子宮頸がんのほとんどは、ヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染が原因であることがわかっています。このウイルスは性的接触により子宮頸部に感染します。しかしHPVに感染しても、90%の人においては免疫の力でウイルスが自然に排除されますが、10%の人ではHPV感染が長期間持続します。このうち自然治癒しない一部の人は異形成とよばれる前がん病変を経て、数年以上をかけて子宮頸がんに進行します  また、子宮頸がんの他にも、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。

 ウイルスには多くの型がありますが、その中で高リスク型HPVが子宮頸がんの原因となります。子宮頸がんは、国内では年間約10,000人が発症し、年間約2,700人が死亡すると推定されています。

 HPVの感染自体を予防して前がん病変(放っておくとがんになってしまうもの)・頸がんを発生させないようにするのがHPVワクチンです。現在使用されているHPVワクチンは、16型と18型による子宮頸がんの前がん病変の発生を95%以上防ぐことができます。4価のワクチンであれば、6型と11型の感染も同様に防ぐことができ、子宮頸がん全体のの約6~7割を予防できると考えられています。HPVワクチンと子宮頸がん検診の両方による予防が最も効果的です。

 

 

 

対象者

小学校6年生から高校1年生に相当する年齢の女子

【標準的な接種期間は中学1年生】

 

 

 

接種回数と標準的なスケジュール

・サーバリックス(2価HPVワクチン)・・・(1)1回目 (2)1回目から1か月以上後 (3)1回目から6か月以上後 合計3回

・ガーダシル(4価HPVワクチン)・・・(1)1回目 (2)1回目から2か月以上後 (3)1回目から6か月以上後 合計3回

 

 

 

接種方法

接種を希望する方は、予診票を発行しますので、健康ほけん課または各支所健康福祉係にご連絡ください。

接種希望日の数日前までに医療機関に予約をし、直接医療機関にて接種してください。接種の際には、予診票と母子健康手帳をご持参ください。

 

町内の接種医療機関は以下の通りです。

坂本クリニック(72-0210)、野田医院(72-0307)、山口医院(83-0506)、そよう病院(83-1122)

※町外の医療機関での接種を希望される方は、健康ほけん課または各支所健康福祉係にお問い合わせください。


 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:5687)
山都町役場 (法人番号 6000020434477)

[開庁時間] 午前8時30分~午後5時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)

本庁       〒861-3592  熊本県上益城郡山都町浜町6番地   Tel:0967-72-1111(代表)0967-72-1111(代表)   Fax:0967-72-1080  

清和支所 〒861-3811 熊本県上益城郡山都町大平385番地 Tel:0967-82-2111(代表)0967-82-2111(代表) Fax:0967-82-2116

蘇陽支所 〒861-3913 熊本県上益城郡山都町今500番地 Tel:0967-83-1111(代表)0967-83-1111(代表) Fax:0967-83-0549

Copyrights(c)2019 Town-Yamato Allrights Reserved.