総合トップへ
ホーム  >  暮らし・産業  >  令和元年度「農の雇用事業」募集について

暮らし・産業

令和元年度「農の雇用事業」募集について

最終更新日[2019年5月14日]

全国農業会議所では、雇用就農者等の確保・育成・定着に向けて、農業経験豊富な研修指導者が新規就業者に対して、仕事を通じて就農に必要な技術や知識、経営ノウハウ等を指導する事に対して助成(OJT研修に対する助成)する「農の雇用事業」令和元年度(2019年度)第2回の参加者を募集します。
事業実施を検討される農業法人等の方は、熊本県農業会議まで一度ご相談の上、必要書類を整理し、ご提出下さい。

 

【助成内容】

 助成額・・・研修生1人あたり年間最大120万円

<内訳> (1)新規就業者に対する研修費 月額最大97,000

          研修指導者を通じて研修生に就農に必要な技術や知識を指導するための指導謝金等です。

       (2)指導者研修費          年間最大120,000                             

          指導者自らが人材育成手法や労務管理等を習得するための研修に要する費用です

 助成期間・・・最長2年間

        但し、3ヶ月以内に研修生が離職した場合は助成対象外です。

 

※その他、募集期間等詳細については別紙チラシをご確認ください。

このページに関する
お問い合わせは
農林振興課
電話:0967-72-1136
ファックス:0967-72-1080
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。