総合トップへ
ホーム  >  暮らし・産業  >  種イモ販売に関する植物検疫法違反事例の発生について

暮らし・産業

種イモ販売に関する植物検疫法違反事例の発生について

最終更新日[2017年12月6日]

種イモを使用または販売する皆様へ

馬鈴しょ(じゃがいも)の種イモにつきましては、病害虫の侵入や被害を防止するため、植物防疫法に基づき、国の植物防疫官による検査を受け、「合格証票」が添付されたものでなければ販売してはならないとされています。

しかし、この度、以下のとおり、植物防疫法に違反する事例が発生しました。

本県への病害虫の侵入を防ぐため、植物防疫法に違反した種イモを購入された方がいらっしゃいましたら、以下対策についてご協力をお願いいたします。

〔植物防疫違反内容〕

   植物防疫官の検査を受けていない種イモの販売

  〔違反した事業者〕

  大石物産株式会社(福岡県八女市)

  フリーダイヤル:0120-014-223

〔県内の販売店と販売内容〕

  (1)ハンズマン画図店(熊本市東区)

   平成28年秋販売:ニシユタカ 200kg

   平成29年秋販売:デジマ 1040kg、ニシユタカ 1120kg

  (2)ハンズマン菊陽店(菊陽町津久礼)

   平成28年秋販売:ニシユタカ 200kg

   平成29年秋販売:デジマ 1100kg、ニシユタカ 1140kg

 

【上記の種イモを購入された場合】

 (1)違反した種イモの植付けを中止し、

大石物産株式会社に連絡し返却してください。

(2)違反した種イモを既に植付けしている場合、

上益城地域振興局(096-282-3010)にご連絡ください。

 

 

その他の情報についてはこちら


 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
農政係
電話:0967-72-1136
ファックス:0967-72-1080
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。