総合トップへ
ホーム  >  税・年金  >  20歳になったら『国民年金』

税・年金

20歳になったら『国民年金』

最終更新日[2017年11月1日]

 日本国内に居住している20歳以上60歳未満の方は、国民年金の被保険者となります。20歳になれば、一部の人々(※)を除き、国民年金第1号の加入手続きをすることが必要です。加入対象となる方には、20歳になる誕生月に年金機構から届書が郵送されます。お手続きは、役場で行います。
 また、国民年金第1号被保険者は毎月、保険料を納めることが必要です。保険料を納めることが難しいときは、納付猶予制度などがあります。

 
(※)厚生年金保険加入者や共済組合加入者、またはその配偶者に扶養されている人

 

詳しくは下記パンフレットをご確認ください。


添付資料 20歳になったら国民年金 新しいウィンドウで(PDF:154.2キロバイト)

このページに関する
お問い合わせは
国保年金係
電話:0967-72-1295
ファックス:0967-72-1066
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。