総合トップへ
ホーム  >  行政情報  >  地方消費税交付金(社会保障財源化分)の使途

行政情報

地方消費税交付金(社会保障財源化分)の使途

最終更新日[2016年12月20日]
  •  平成26年4月1日から消費税率が5%から8%に引き上げられました。これは今後も増加が見込まれる介護や医療などの社会保障経費の財源とするためです。

 消費税(8%)には国分(6.3%・引き上げ前4%)と地方分(1.7%・引き上げ前1%)があり、地方分を「地方消費税」といいます。地方消費税は県税として収納され、その2分の1は人口などの割合に応じて市町村に交付されます(地方消費税交付金)。

 本町に交付された地方消費税交付金のうち、社会保障財源化分の使途の状況を次のとおりお知らせします。


新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。